【飛行機トリビア】降下~着陸まで飛行機に何が起きているの?


ライト兄弟が初めて空を飛んだ1903年からもうすぐ120年。いまや飛行機は日常的な交通機関となりました。世界では1万機以上の航空機が稼働しているそうです。

ところがこれほど身近になった空の世界ですが、飛行機の中で働いていると「意外と知られていないことが多いな」と感じることがあります。

今回は降下~着陸~駐機場到着まで飛行機がどのように運航されているのか、簡単にまとめてみました。

※あくまで一例であり、世界中全てのエアラインが同じように運航されているワケではないのでご了承ください(^^)

着陸30分前

着陸30~25分前あたりから、目的空港へ向かって降下を開始します。降下を開始すると機内の気圧が変化し、耳に不快感が生じる可能性があるのでご注意ください。

 

もし天候が悪いと…

下の図のように、空港の天気が悪くて活発な雲が存在するときは、この時点でベルト着用サインが点灯します。

この時点でベルトが点くと、この先スポット到着までの40分間~1時間ほどトイレは使えない可能性があるので、事前に済ませておくことをオススメします。

着陸15分前

飛行機は高度と速度を落としながら目的空港へ進入していきます。通常は着陸10~15分前あたりでベルト着用サインが点灯します。

着陸前はトイレが混みますので、事前に済ませておくことをオススメします。

もし天候が悪いと…

強い風雨や雪をもたらす活発な雲の中を飛行していると、飛行機が大きく揺れることがあります。もし気分が悪くなってしまった方は、シートポケットにあるエチケット袋を使いましょう。

ベルトサイン点灯後は機長の指示でCAも着席するため、CA呼び出しボタンを押しても対応できません。

着陸

フラップを下げ、ランディング・ギアを降ろし、着陸形態となって滑走路へ進入していきます。フラップというのは主翼の後ろ側からせり出してくる装置です。

着陸時は大きな衝撃があるので、赤ちゃんをお連れの方はしっかり抱っこしておきましょう。

もし天候が悪いと…

何らかの理由で機長が安全に着陸が出来ないと判断した場合、再び上昇して着陸をやり直します。これを「ゴー・アラウンド」といいます。

ゴー・アラウンドは通常の運航であり、安全にはまったく影響はないのでご安心ください。

ゴーアラウンド後は、
①すぐに再度着陸を試みる
②上空で待機しながら天候調査をする
③別の空港に向かう
などの運航が考えられます。いずれにせよ、長時間トイレが使えない可能性があるので、トイレは事前に済ませてお(以下略

地上走行

着陸して滑走路を離脱すると、指定されたスポットへ向けて、滑走路と駐機場を結ぶ「誘導路」を走行していきます。

地上でも飛行機はジェットエンジンの推進力で走行しており、スピードも時速50kmくらい出ることもあるので、車に乗っている時と同じくシートベルトはしっかり締めておきましょう。

飛行機が急停止することも実際にありますのでご注意ください。

もし天候が悪いと…

雪などで空港が混雑していると、使用予定のスポットを遅延中の別の飛行機が使っており、スポットに入れず長時間待機する可能性があります。

もちろんこの間もトイレは使えませんので、事前に済ま(以下略

スポット到着

スポットに到着すると、ジェットエンジンをシャットダウンしてボーディング・ブリッジや乗降用階段の接続が開始されます。接続完了まで時間がかかりますので、慌てずに身のまわりの忘れ物をご確認ください。

もし天候が悪いと…

空港周辺に雷雨が発生していると空港に警報が発せられ、地上で働くスタッフの安全の為に地上作業が中断されます。作業中断中は飛行機を降りられない可能性があります。

ドア・オープン

ボーディング・ブリッジの接続が完了し、安全が確認できたら飛行機のドアが開きます。

ドアが開くとチーフパーサーと地上係員のブリーフィングが行われます。必要な書類の受け渡し、機内で発生した事象の共有、サポートが必要な旅客の降機方法など、色々なことを打ち合わせします。

もし天候が悪いと…

飛行機のお尻には垂直尾翼という翼があります。

強風の日は垂直尾翼に風が当たり、地上停止中でも飛行機がけっこう揺れます。ベルトサインが消灯するとすぐに通路に立たれる方もいらっしゃると思うので、転倒にご注意ください。

降機開始

ブリーフィングが完了し空港側の受け入れ準備が完了すると、ようやくお客様の降機が始まります。意外とスマホ・パスポート・お財布の忘れ物も多いので、ぜひドア・オープン前にご確認ください。

またのご搭乗をお待ちしております(^^)

もし天候が悪いと…

雨や雪が降っていると、床が滑りやすくなっています。お子様をお連れの方や、大きな手荷物をお持ちの方はお気をつけください。

まとめ

降下開始から着陸して駐機場に到着するまで、飛行機に何が起こっているかお分かりいただけましたでしょうか(^^)

「もし天候が悪いと…」にも書きましたとおり、天候が悪かったりすると最悪の場合1時間以上トイレに行けないこともあります。

私としては着陸45分前くらいにトイレを済ませておくことをオススメ致します。一度済ませておけば、その先なにが起きても安心ですからね(^^)

では快適な空の旅をお楽しみください♪





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です