各エアラインの欠航(キャンセル)時の対応をまとめてみました


予約していた飛行機が欠航してしまった!

何万円も払って購入したチケットがどうなるか、非常に気になると思います。欠航時の対応は航空会社によって大きく異なります。

日系エアラインの欠航時の対応についてまとめてみました。

欠航時に確認すること

①欠航の理由

台風などの悪天候による欠航なのか、飛行機の故障や乗員繰りなど航空会社が事由となった欠航なのかによって、各社の対応が異なります。

②自分が購入したチケットの種類

航空会社は、運賃が高く保証が充実したチケットから、運賃が安いぶん保証が少ないチケットなど、様々な種類のチケットを販売しています。自分が買ったチケットによって対応が異なります。

エアライン別の欠航時の対応

JALグループ

日本航空
日本トランスオーシャン航空
日本エアコミューター
琉球エアコミューター
北海道エアシステム

運航に影響が見込まれる際の変更・払い戻し

ANAグループ

エアージャパン
ANAウイングス

運航に影響が見込まれる際のインターネットサポート

スカイマーク

欠航遅延発生時の航空券の取扱について

スターフライヤー

遅延・欠航時の対応について

AIR DO

遅延・欠航時の対応について

ソラシドエア

お客様都合以外での変更・払戻しについて
Peach

ジェットスタージャパン

大幅な遅延・欠航時の対応について

Peach Aviation

予約した便が大幅に遅延または、欠航した際の対応について教えてください

春秋航空日本

天候不良や機材整備などによる遅延・欠航時の対応について

フジドリームエアラインズ

変更/取消(払戻)について

天草エアラインズ

悪天候時(不可抗力時)の変更・払戻しについて
機材故障(当社都合の理由)による変更・払戻しについて

オリエンタルエアブリッジ

変更・取り消しについて

まとめ

対応は航空会社によって大きく異なりますが、航空会社はこのような欠航時の対応にかかるお金をふまえて運賃を設定しています。保証が厚い会社は、その分のお金を運賃という形でお客様から頂戴しています。

LCCなどの新しいビジネスモデルの普及で、各航空会社は差別化を図るために個性が強く出てきました。航空券にどれほどお金をかけるか?それは利用者の価値観によって様々な選択肢があります。

ぜひ各社の規定を知ったうえで、考えてみてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です