【ネタバレ感想】「名探偵コナン 紺青の拳」超絶おもしろかった


「名探偵コナン 紺青の拳」見てきました!

最高に面白かったです!!!

今回で23作目のコナン映画。すべての作品を見てきましたが、正直な話、実は最初に本作を映画館で見たときは「う~む…」という感想でした。

前作の「ゼロの執行人」が、私が名探偵コナンに求めてるポイントを全て叶えてくれていた個人的な大傑作だったのもあり、どうしても比較してしまっていたのだと思います。

しかし!

先日、映画館で2回目の鑑賞をしたとき「面白い!!!!!」と感じたのです!

初回の鑑賞時は、グイグイと前のめりに見てしまい「自分が名探偵コナンに求めている要素とのギャップ」にばかり意識が向いてしまっていたのですが、今回は2回目ということで客観的に見れたのだと思います。

名探偵コナンは、ミステリーやラブコメやアクションや冒険活劇などの様々な要素が盛り込まれている素晴らしいエンタメです。劇場版の各作品によってフォーカスされる要素が違います。例えば前作は「ミステリー」にフォーカスされているように感じ、それを求めている僕の心にバチ~ンと響いたのです。

今回の「紺青の拳」は、前作とはフォーカスされている要素が違うだけで、まぎれもなく私の愛する「名探偵コナン」だったのです。

今回は、本作の感想を書いてみます!


——————————————
ここから先、ネタバレありです!!!
——————————————






コナン君のギャップ萌え

「見た目は子供、頭脳は大人」な江戸川コナン君。

蘭姉ちゃんのような大人達の前では無邪気な良い子を演じているコナン君が、ひとたび事件が発生すると新一としてのクールな姿を見せる。この「ギャップ」がコナン君の大きな魅力です。

今回は、このギャップがバンバン強調されていて最高だったのです!!

今回コナン君は怪盗キッドによって強制的にシンガポールに連行されてしまいましたので、コナンの正体を知らないキャラ達との絡みが多く、無邪気を演じる比率が高めです。

さらにコナン君は怪盗キッドと絡むときは、すごくSっ気が増す(笑)

その結果、他の作品よりもさらにギャップが強調されて、もう最高なのです!!

特に好きなのが、序盤でキッドがブルーサファイア「紺青の拳」を奪うことに失敗し、ジョンハン・チェン邸から脱出する際に、京極さんと遭遇してしまいピンチに陥る場面。追い詰められたキッドを、コナン君が援護します。

このコナン君とキッドの協力関係も、本作のかなり面白いポイントなのですが、このシーンが最高に盛り上がる理由。

それは、

それまでは「アーサー・平井」として蘭姉ちゃん達の前でシャイな良い子を演じていたコナン君が!探偵アイテムをキッドに奪われ単なる現地の子供を演じていたコナン君が!

探偵アイテムを装備し、
夜のビルの屋上で、
ポケットに手を突っ込み、
物凄くかっこいいクールな表情で、
キッドを見下ろしている!

イコール最高なのです!!

今回はキッドによって探偵アイテムが奪われてしまっていたためコナン君は久々の最初期のような装備無し状態でした。それだけに、この時のギャップがかなり熱いです。

しかもキック力増強シューズで超遠距離から正確にサッカーボールを命中させる超人っぷり、精密射撃モードのようになっている犯人追跡メガネが、これまたカッコいいのです。

そして終盤。一連の事件の真相に近づくコナンは、ある人物にある質問を投げかけます。その答えを聞いたコナン君。

「わかった。ありがとう」

疑惑が確信となった瞬間。真実にたどり着いた瞬間のコナン君の、子供っぽさ、大人っぽさ、喜び、そして哀愁が織り混ざった、高山みなみさんの至極の名演技でした。やはりコナン君は高山みなみさんしか演じられないと思いました。

このようなコナン君のギャップ萌えは、最後の最後のシーンまで、本作全体にぎっしり詰まっています。

「紺青の拳」は「見た目は子供、頭脳は大人」なコナン君のキャラクター性を、改めて楽しめる作品でした!

コナンとキッドの共闘

上記にも書きましたが、コナン君とキッドの共闘も本作の大きな魅力です。今回の怪盗キッドは、2人目の主人公です。工藤新一としての出番を考えると、常に出番がありました。

本作の真犯人の陰謀で、シンガポールで発生した殺人事件に巻き込まれてしまった怪盗キッドは「やられたら、やりかえす」の流儀を貫くため、そしてビッグジュエル「紺青の拳」を頂くために、自ら事件に介入します。

その際、事件の陰謀を解き明かすための最強の相棒として、白羽の矢を受けたのがコナン君でした。今回はいろいろあってキッドがいないと日本に帰れないコナン君は、しぶしぶキッドに協力します。

そのため本作は、最後まで協力関係です。劇中2度目に発生した殺人事件の容疑者として追い詰められるキッドに対し、落ち度を冷静に推理しながらも、しっかり支援するコナン君。この関係性が非常にいい感じなのです。

コナンとキッドの共同推理はベネディクト・カンバーバッジ主演の「SHERLOCK」を連想させる斬新な演出でした。

終盤、レオン・ローの陰謀によって中富海運のタンカーと共に海賊が襲来し、シンガポールの象徴ともいえるマリーナベイサンズが破壊されていくのを阻止しようとするキッドとコナン。

コナンの推理を瞬時に察するキッド。この阿吽のやり取りも、最高です。

そして海賊の4連装ロケットランチャーを誘導させ、コナンからの要求にしっかり応えるキッドもカッコいい。命中させた瞬間のコナンの「当てたか!」というニヤリとした表情にキッドへの信頼が見えて、色々相まって最高でした。

そしてなんといってもキッドがカッコよかったのが、このシーン。劇中で発生した殺人事件に巻き込まれ追い込まれていくキッドは、コナンに探偵アイテムを全て返し、下記のセリフと共に月夜へと消えてきます。

握った拳の中を悟られないのがマジシャンで、拳を開く前に中身を言い当てるのが探偵だろ。

解き明かしてくれよ、名探偵。殺人という、謎めいた拳の中身をな。

カッコいい。
めっちゃカッコいいです。
ポーズも最高です。

決めるところは、確実に決める。これがキッドですよね。2人はライバルという関係ですが、「怪盗」と「探偵」として、互いの能力や誇りを深く理解しているのだと思いました。

これだけ追い詰められて血まみれになっても諦めない。それもキッドの「怪盗」としての誇りなのだと思います。

ちなみに、なんで真犯人がキッドを巻き込んだのか?という理由ですが、意外とあっさりした理由(笑)

そんな貧乏くじを引かされてしまうのも、ある意味キッドらしいと思ったのでした(^^)

原作のミステリートレインでも、無理矢理コナンに協力させられて、しかも死にかけてましたからね(笑)

とにかくカッコいい京極さん

どのような劣勢をも覆し、すべてを逆転させるコナン陣営の最終兵器。

空手400戦無敗の京極 真さん。本作の3人目の主人公です。

装備無しのコナン君に代わり、本作のアクションシーン担当に抜擢されました。今回は京極さんが登場するだけで、もっというと追い詰められるだけで、どんどんワクワク指数が高まっていきます。

だって最終的には、あらゆる劣勢にも打ち勝つことが、わかっていますからね。この京極さんにとって、すべての逆境は、その先にある大逆転への序章なのです。

この京極さんのシンプルな強さが、理屈っぽいミステリー要素の中において、非常に痛快なのです。それは本作でも健在でした。

序盤で、逃走を図る怪盗キッドを迎え撃つ場面。コナン君の妨害で取り逃がしますが、コナン君がキック力増強シューズで放ったサッカーボールを正拳突きで軽々と迎撃してるあたり、さすがです(笑)

「紺青の拳」を我が物にせんとするレオン・ローの執拗なゆさぶりや、園子を守れなかったという自責の念、また園子とのすれ違いの中で悩んでいた京極さんですが、終盤にすべてに打ち勝ち、愛するものを護るために拳を振るうことを知った京極さん。

そしてコナンとキッドによって呪縛ミサンガから解き放たれ、パワー全開となった京極さんは、愛する園子を背負ったまま、劇中最強の敵ジャマルッディンとの最終決戦に臨みます。

これまでさんざん悩み苦しみ、そしてすべてを乗り越えた京極さんの、すべてを打ち砕く最強の正拳突きが炸裂するシーンが、檜山修之さんのシャウトも相まって、もう最高に痛快でした!!

コナン君の「いっけええー!」は今作も健在でしたが、私としては京極さんの最後の正拳突きのシーンでこそ、心の中で「いっけええー!」と叫びました(^^)

かわいい園子

蘭と園子も可愛かったですねー。

女子高生が、大好きな彼氏とシンガポール旅行に来て、マリーナベイサンズに泊まれるなんて、そりゃあ誰だってトキめきますよね!

園子の人間性ってあまり描かれることが少ないように感じたのですが、弱みや葛藤が描かれてて、とても面白かったです。園子も高校生の女の子なんですよね。

京極さんとのレストランでの会話や、最後の絆創膏のやりとりは、ラブコメ要素にあまりピンとこない私でも「なんかいいなぁ」とホッコリしてしまいました。

特に最後の絆創膏のシーン、園子は本当に嬉しかったと思う。園子も京極さんも、本当にお互いが大好きなんですね。

さいごに

「名探偵コナン 紺青の拳」最高でした!

ミステリーや冒険活劇、そしてラブコメなど、いろんな要素が楽しめる痛快な作品でした!

登場人物たちへの愛情を感じる作品でした!カッコいい場面、かわいい場面、いろんなキャラの人間性を見ながら、巨大な陰謀を解き明かし、打ち砕いていくのが最高でした!

また上映が終わるまでに、また何度か映画館で観たいと思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です