「令和を迎えました」を英語と言うと?


新たな元号「令和」を迎えました。

皆様、気持ちや目標を新たにして、新たなる時代に臨まれていることと思います。

こうして晴れ晴れとした気持ちで令和を迎えられたのも、生前退位というご決断をされた天皇陛下の御勇断によるものです。長年の重責の中の御勤めに、心からの感謝を申し上げます。

私は、令和元日はフライトです。新たな時代に飛び立つ意味でも、いい仕事をしたいと思っています。

さて、せっかくの記念すべき令和のファーストフライトです。なにか特別なアナウンスを考えたいと思います。

「令和」のイントネーション

まず「令和」のイントネーションですが、現・上皇陛下は譲位の際の最後とおことばにて「れ↑い↓わ↓」と話されていました。

「ご飯」と同じイントネーションですね。「平和」とは違うので注意したいと思います。

さて、飛行機には外国籍の方も乗っていらっしゃいますので、当然英語のアナウンスも必要です。

ここで「令和を迎えました」という文章の英語を考えてみました。

「令和を迎えました」を英語と言うと?

「令和」が発表された際、CNNはこのような記事を上げていました。

‘Reiwa’: Japan announces dawn of a new era

new era」が新しい時代という意味ですね。

元号というのは日本独自の文化なので、外国籍の方には、なるべくシンプルに伝えたいと考えます。

なので英語は

We have a new era.
Name of new era is Reiwa.

で、こちらの意図した意味でシンプルに通じるかと思います。

追記

この記事をTwitterで発信したところ、空の大先輩から、素晴らしい英文をご教示頂きました。私自身の記録と学びのため、追記させて頂きます。誠にありがとうございます。

Today, a new era has started in Japan.


—————————————————————-

【良好な人間関係のつくり方】

人間関係悪化の致命的要因。他者との「違い」を受け入れよう!

「伝える」と「伝わる」の違いを理解すると、コミュニケーションが劇的に変わる!

家庭、職場、接客時の「イラッ!」を減らすとっておきの技術!

日本人が苦手な「承認」の大切さ!「承認の技術」を学ぶと人間関係が劇的に変わる

人間関係悪化の致命的要因。「事実」と「解釈」の違いについて学ぼう

夫(客室乗務員)が考える、異性との「気分の良い距離感」を保つための方法

—————————————————————-

【サービスの学び】

笑顔の力!笑顔が持つ凄い力を学ぼう!

接客が嫌い!そんな方が接客を少しだけ好きになる方法

人の印象は見た目で決まる!第一印象のプロになろう!

「おい!」から学ぶ「声かけ」の意外な秘密

—————————————————————-

【CAへ目指す皆様へのメッセージ】

夢への飛翔!飛行機から学ぶ「成功への人生訓」

「自分の長所が無い」という人が自分の長所を見つける方法

自分が発する言葉は自分自身も聞いている。言葉を変えて、自分に「良い暗示」をかけよう!

エントリーシートは「ラブレター」 面接は「愛の告白」!採用審査に挑む前の「心のセットアップ術」

CA内定後にモチベーションが下がる人と、下がらない人の違いとは?

—————————————————————-

【航空情報】

現役CAがLCCの素晴らしさについて熱く語る!「ここが素晴らしいよLCC!」

飛行機はなぜ揺れるのか?飛行機を揺らす「原因」を学ぼう!

那覇空港の不思議。低空での水平飛行の理由!

飛行機でお酒を飲むと酔いやすい?

飛行機の「安全のしおり」って本当に大事なの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です