イライラの原因は「自分の考え方」にある!イライラを減らすとっておきの方法


あらゆる「不幸」の原因の85%は人間関係である
アメリカ精神科医ウィリアム・グラッサー

人間の悩みは全て対人関係の悩みである
オーストリア精神科医アルフレッド・アドラー

「つい最近イラッとしたのは、どんな時ですか?」

この質問を複数の人にさせてもらったとき、

・後輩が仕事をしてくれない
・電車で迷惑な人がいた
・同僚の仕事の仕方がぬるい
・親に嫌なことを言われた
・テレビ番組の評論家の発言にムカついた

様々なシチュエーションが出てきました。どれもあるあるですね(^^)
皆様は最近、どんな時にイラッとしましたか?

私の場合、ありがたいことに「豊さんて、怒る事あるんですか?」とよく言って頂けます。僕にとって嬉しい言葉です(^^)

しかし怒ることがあるか無いかで言えば、普通にあります。しょちゅうあります。私も人間ですからね(^^)

私の場合、自分の考えを強制してくる人、不誠実な人、我が強くて周囲の迷惑を考えないような人が苦手で、一緒にいるとついイラッとしてしまうことがあります。

さて、上記のイライラ・シチュエーションは一見バラバラですが、これらの中には実は共通する要素があります。それは「他人の行動に対してイライラを感じている」ということです。私の場合もそうですね。

人がストレスを感じるのは【自分がコントロールできないことに意識を向けている時】です。

その最たる例が「他人の行動」です。
他人の行動をはじめ、天候、飛行機や電車の遅延、テストの結果、会社の方針、国の法律…。これら全てコントロールできません。

人が唯一コントロールできるのは、自分の行動のみです。行動とは自分の頭と体の使い方のことで、すなわち自身の「思考」と「行為」です。

【自分がコントロールできることに意識を集中する】

これがイライラを減らす方法です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です