夢への飛翔!飛行機から学ぶ「成功への人生訓」


飛行機の離陸シーンを見たことがありますか?

エンジンをフルパワーにした巨大なマシンが大空へと駆け上がっていくシーンは非常にダイナミックです!そして実はこの離陸シーンには、素晴らしい人生訓が秘められているのです。今回は、私が飛行機の離陸シーンから学んでいる人生訓を書き出してみたいと思います。

離陸準備

まず、飛行機は逆風に向かって離陸します。逆風が強ければ強いほど、飛行機はより早く、より高く飛翔できるのです。

無難で順風満帆な中では、人はなかなか成長できません。常に困難(逆風)を選ぶ。困難であればあるほど、人はより早く、より強く成長できます。

加速

全ての準備を完了し、ついに離陸です。
全エンジンにフルパワーが入り、飛行機は離陸滑走を開始します。機体を叩く逆風や雨に耐え、振り返らずに加速していきます。スピードがあがればあがるほど自分を叩く雨は強く、痛くなります。でもこれでスピードを緩めてしまっては、いつまでも飛びたてません。

やがて飛行機は離陸決定速度「V1」を突破します。離陸を中止するか、継続するかを決定する速度です。

この速度を超えると、飛行機はもう地上では止まれません。V1突破後に飛行機を無理に停止させようとすると、止まりきれずに滑走路を飛び出してオーバーランしたりブレーキが故障してしまいます。

ここがチャレンジにおいてとても大事な要素です。退路を断つ!背中の扉を閉め、目標達成するしかない状況に自分を追い込む!何かやりたい事がある時に、いかに自分を「もうやるしかない!」という状況に置けるか。この勇気があるか否かが、人生の質を大きく左右すると思います。

離陸

V1の次に来るのは機種引き起こし速度「Vr」です。操縦桿を引き、機首の引き起こしを開始する速度です。

引き返せないところまで来ると、不安や恐れが遅い来るでしょう。うつむいてしまう時もある。そんな時こそ「Vr」です!機首を上げ、顔を上げ、地上ではなく空を見るのです!今いる場所ではなく、目指すべき高み(目標)を見据えるのです。

そして安全上昇速度「V2」を突破します。飛行機が地面を離れ、安全に離陸できる速度です。

飛行機は離陸し、空へと浮かび上がります。地上へと縛り付ける重力に自らの力(揚力)で打ち勝ち、空へと飛翔するのです。

自分の行動を縛っていた不安や恐れに打ち勝ち、安心できる地上から、困難と未知と無限の可能性がある空へと飛び立ちます。

上昇

機が上昇を開始したことを確認したのち、ギア・アップ。車輪を収納します。

車輪を上げ、元いた場所との接点を断ちます。元いた場所で生きるうえで最適だった状態から、新天地で生きるうえで最適な形へと自分を変えます。元いた場所と決別し、新天地に順応するのです。

上昇を開始した飛行機は、雲の中に入ります。雲の中には乱気流が潜んでいます。視界ゼロの雲の中で、強い乱気流が前後左右から飛行機を叩きます。そんな中でも、飛行機は目指すべき巡航高度を見据え、振り返らずに高度を上げていきます。

新天地は未知の世界です。上手くいかないことも失敗する事もたくさんあるでしょう。しかし、目指すべき高み(目標)が明確である限り、たとえ視界ゼロで乱気流に叩かれていても、確実に目標達成に向けて進めています。振り返らず、目標を見据え、上昇を続けていきましょう。

突破

そして数々の困難を乗り越え、雲を突破したとき、その先にはどこまでも広がる青い空があります。たとえどんなに雲が厚かったとしても、その先にはいつも必ず青空が広がっているのです。

数々の困難を乗り越えたとき、そこには無限の可能性があります。あなた自身には確かな技術や知識、そして「自信」が身についているはずです。この突破体験は、必ずあなたの人生を豊かにしてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
飛行機の離陸シーンは、より良い人生を生きる上での学びが込められています。

ぜひ皆様も、一度きりの人生を最高にハッピーなものにするため、自分が捜し求める夢や目標に向かって離陸しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です