感情には「返報性」がある!より良い人間関係を築くための原則を学ぼう!


・誕生日に毎年プレゼントをくれる
・仕事の時にお菓子を差し入れてくれる
・相談に乗ってくれる
・SNSに素敵なコメントをくれる

もしあなたの身近に、いつもこんなことをしてくれる方がいたら、あなたはどう感じますか?

わたしも同じようなことを、お返ししてあげたい!」という気持ちや、嬉しみや喜びなどのポジティブな感情が湧くのではないでしょうか(^^)

ではもし、あなたの身近にこんな方がいたら、あなたはどう感じるでしょうか?

・いつも不機嫌でイライラしている
・自分を批判してくる
・自分を否定してくる
・すぐ怒鳴ってくる

わたしも同じようなことを、お返ししてやりたい!」という気持ちや、怒りや不満などのネガティブな感情が湧くのではないでしょうか。

感情には「返報性」があります。

「返報性」とは、相手から何かを与えられた時、相手に対してお返しをしたいという気持ちが湧く人間の心理効果です。

相手から感謝の気持ちを受け取ると、相手にも感謝の気持ちを返したくなります。

プレゼントやバレンタインの贈り物をくれた人には、それをお返ししたくなりますよね(^^) また、素敵なサービスをしてくれたCAさんには、感謝の言葉を贈りたくなるものです。

相手から怒りを受けると、相手にも怒りを返したくなります。

もし大喧嘩をしている2人がいたとすれば、2人はまさに怒りと怒りをぶつけ合い、怒りが更なる怒りを呼んで、収集の付かない状態になっていることがあります。

また、自分をひどく不快にさせてきたCAさんにはクレームを入れたくなるかもしれません。

他者は自分の鏡です。

自分の周囲を見回し、どんな人達が居るか、今一度客観的に見てみましょう。

相手から向けられている気持ちや視線は、もしかしたらアナタが普段周囲に向けている気持ちや視線かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です