より効果的なフィードバックにするために大切な「環境作り」とは?


後輩の教育を担う立場の人にとって「フィードバック」のスキルは非常に重要です。

「フィードバック」は「アドバイス」とも「忠告」とも違う、非常に高度なコミュニケーションです。人によっては「コミュニケーションの中でも、フィードバックは最高難易度の関わり方である」という人もいます。

このフィードバックは伝達力や質問力などの技術はもちろんのこと、よりフィードバックを効果的なものにするための「環境作り」も大切です。

今回はフィードバックをより効果的なものにするための「環境作り」について書いてみたいと思います!

効果的な環境、逆効果な環境の違い

フィードバックはマンツーマン(1対1)で行う

これが私の考えるフィードバックの鉄則です。大勢の前でフィードバックを行うことは効果的ではない、むしろ逆効果ですらあると考えます。

まず大切なのは「なんの為に」フィードバックを行うのか?フィードバックをする「目的」です。

様々な答えが出てくると思いますが、その多くに共通する要素は「相手をより良い方向へ導くため」ではないかと思います。

遅刻が多い
業績が悪い
勤務態度が良くない
周囲との関係性を乱す

など、客観的に見て、組織の目標達成や個人の物心両面の豊かさの実現に対して“効果的ではない”行動を選択している部下を、より良い方向へ導くことがフィードバックの目的だと私は思います。

さて、もしここで大勢が見ている前でフィードバックをしたらどうなるでしょう?

フィードバックを受けている部下は、周囲からの視線や評価に気が散ってしまい、フィードバックに対して集中できません。結果としてフィードバックの効果が薄れ、部下の意識も変わらず、結果行動の変化も起こせません。フィードバックの目的が果たせないのです。

むしろ、そのような状況に自分を置く上司(自分)に対してネガティブな感情を抱くかもしれません。関係性が悪くなると、益々相手にフィードバックが届かなくなってしまいます。

相手がフィードバックに集中できるようにするには、周囲の目や耳が少ない環境で、1対1で行うことが効果的なのだと思います!

<今日のベイビー・ステップ>

フィードバックは1対1で



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です