意外と知らない航空用語「液体の持ち込み制限」編


国際線を利用する場合、国内線とは異なる持ち込み制限があります。

その1つが、液体物の持ち込みです。

国際線に乗る場合「100ml」を越える液体、ジェル、エアゾールが入った容器は持ち込めません。
保安検査場で持ち込みが発覚した時点で、破棄か没収となります。

その100mlの液体も、ただ持ち込むのではなく1ℓ以下のジッパー付きのプラスチック製の袋に入れる必要があります。この1ℓの収納袋の数量制限は1人1袋までです。

ちなみに、保安検査場を通過した後のエリア(クリーンエリア)で購入した100ml以上の液体物は、機内へ持ち込めます。しかし、到着空港で乗り継ぎを行う場合、再度保安検査を受ける時に没収となる可能性があるので、その場合は事前に航空会社に確認をすると良いと思います。

この制限は国際民間航空機関(ICAO)の指示によるものです。火薬類、高圧ガス、引火性液体、可燃性物質類、酸化性物質類、毒物類、放射性物質等、腐食性物質、その他有害物件、凶器など、大量の液体物が運航に重大な影響を与えるリスクを回避するために、制限がかけられているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です