CA採用面接に向けて、日頃から実践できるお手軽トレーニング!


この写真を見たとき、どう感じましたか?

「ふざけんな!6時間も遅れたら予定が丸つぶれだろうが!」

…と怒る方が多いでしょうか(^^)
でも私はこの時、こう思いました。

「やった!6時間も空港で遊べる!飛行機を見に展望デッキへ行こう!」

「6時間遅延する」という「事実」に対し、前者と後者では「解釈」のしかたが180度異なっていますね。

怒った方は、私のこの感じ方を「おかしい!」「間違ってる!」と言うかもしれませんが、この「私は正しい。相手は間違っている」という考え方は、人間関係を悪化させる考え方です。これは単なる価値観の違いなのです。詳しくはこの記事をご覧ください。

事実の解釈の仕方で大切なのは「正しいか、正しくないか」ではなく「効果的か、効果的ではないか」だと思います。私は常に「自分の目標達成に効果がある」「自分の気分が良くなることに効果がある」解釈のしかたを選択しています。6時間遅延で怒った方と喜んだ私の解釈が180度違うように、解釈のしかたは自由に選べるのです。

私は、CAの採用面接に望んでいるとき、この「解釈の選択」を大いに活用しました!

事実を全て、夢を叶える材料にする!

CAになるためにチャレンジしていた時、私は常に「自分の目標達成に効果がある」解釈を選択していました。

事実:書類選考に落ちた
解釈:未来の合格に近づいた

事実:一次試験に落ちた
解釈:俺でも書類選考は突破できる

事実:既卒で29歳
解釈:人生経験が豊富。

事実:クレームを受けた
解釈:面接のネタGET!

事実:仕事(バイト)で失敗した
解釈:面接のネタGET!

事実:電車が遅延
解釈:定時運航の大切さの学び

事実:ドアが閉まってる
解釈:会場入室時の訓練をする

事実:相手のギャグが寒い
解釈:笑顔の訓練

事実:電車が満席
解釈:立ち姿勢の訓練をする

事実:電車で座れた
解釈:着座姿勢の訓練をする

事実:お腹が痛い
解釈:健康の学び

事実:病院へ行く
解釈:接客・看護の見学

目の前の事実を、「自分の目標達成に効果がある」ように解釈する。オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です