飛行機はみんなの力で飛んでいる!


とある日、とある便。

出発時に空港のランウェイ・クローズに巻き込まれ、目的地の空港では荒天による強風や視程不良でゴー・アラウンドするなどして大幅に遅延。僕が乗務していた機材は国内線で往復便を1つ運航したあと国際線にも使われる予定だったため、初便で遅延するとその遅延が後の便にも影響してしまう!

国内線の復路便の運航を終えてお客様が降機し、すぐに次便の出発準備が開始されると、機内はいろんな人達でごった返しました。

パイロット、客室乗務員、整備士数名がみんなで協力して機内をお掃除。機長がゴミ袋でゴミを回収し、客室乗務員が忘れ物や不審物のチェックをし、整備士がシートベルトをととのえてくれる。機外の整備士さんが機体を整備し、ケータラーさんが機内備品を取替え、燃料屋さんが燃料を給油し、グランド・ハンドリングさんが貨物を搭載してくれる。空港の搭乗口ではグランド・スタッフがお客様のご案内の準備を進めてくれている。オフィスでは機材の遅延によるコーディネートを行ってくれている。目的地の空港ではこの飛行機の受け入れ準備を進めてくれている。1機の飛行機の中と外で、たくさんの人が頑張ってる。

自分たちのエアラインを選んでくれたお客様を、安全に、そして少しでも快適に目的地へお届けするために。

こんな光景を目にするたび、空の世界の素晴らしさを実感するのでした(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です