【研修】第57回 エアマン有志勉強会<FLY>


今日は「エアマン有志勉強会」に参加しました。空を愛する仲間達と共に、選択理論心理学や目標達成技術を学ぶ勉強会です。機長、副操縦士、国内エアラインCA、外資系CA、ヘリ運航関係者、元自衛隊管制官、そして同じ運輸業である鉄道の運転士などなど、多くの熱い想いを持った方々と共に学び合いました。

今回の学習のテーマは「成功と失敗を分ける要因」についてでした。

「成功とはなんですか?」

と問われたら、皆さんは何と答えますか?
富と名声を得ること?
何不自由の無い生活を実現すること?
美女と美酒とイイ車をGETすること?

人によって様々な定義があると思いますが、広辞苑には「成功とは目的を遂げることである」とあります。また、アメリカの教育者であったノア・ウェブスターは「成功とは探し求めた目標の満足いく達成である」と説いています。

「成功したいですか?」
と問われたら、ほぼ全ての方がYESと答えるのではないでしょうか。
しかし、
「成功できていますか?」
と問われた時、YESと答えられたのは回答者の約2%だったそうです。

成功したいのに、成功できない。
成功と失敗。この2つを分ける要因とはなにか?
講義を通じて学んだ成功と失敗を分ける決定的な要因の1つは、

願望が明確であること。

でした。
「成功哲学」の著者ナポレオン・ヒルは「願望こそがあらゆる行動の出発点である」と説いています。自分がどうなりたいかが不明確だと、行動を起こしようがないですよね。

「2019年はどうなりたいか?」

この質問の答えが明確になった時、初めて目標達成の技術が作動し、「失敗者の悪循環」から「成功者の善循環」に入ることができるのだと学びました!

<今日のベイビー・ステップ>

自分の願望を明確にするため「どうなりたいか?」を自分に問う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です